ニキビ 治らない

ニキビ 治らない|ニキビが治ったスキンケア特集!

ニキビが治らない方に効くニキビケアは?

ニキビが治らない原因は過剰な皮脂ですが、それ以外に治らない原因としては
「日々の間違ったお手入れ」が関係しているといわれています。

 

例えば「ニキビが出来ているから」と洗顔の時にゴシゴシと洗っていませんか?
これは返ってニキビには刺激になって悪化させてしまい治らないです。
だから、まずゴシゴシ洗いは止めましょう。

 

それから洗顔料はニキビケア用を使っているかもしれませんが、ニキビケア用の洗顔料の中には
脱脂力が強いのがあり、こういうものだとお肌に必要な油分まで取ってしまいます。

 

ニキビが出来ている時は洗浄力の強さと、肌が乾燥した事で皮脂が多く分泌するのを防げるのと、
失われがちな水分などを補えるので、保湿力がある洗顔料を選ぶと「ニキビ治らない・・・」と
悩む事もなくなります。

 

 

次に化粧水はニキビの炎症を抑える効果があるもので低刺激なものを使うと治らないニキビを
治すのに有効的です。

 

こういう効果があるものとして天然成分のエキスが入ったものはおススメです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムというのが入ったのが植物由来の成分なので
刺激が少なく、ニキビにしみたりせずに治していけます。

 

こういった天然成分以外では、海中や土中の泥から抽出された天然クレイ成分も刺激が少なく、保湿効果も
あるので、肌に負担をかけずにニキビを治せます。

 

それから「肌トラブルに万能」といわれているビタミンCは、ニキビを治すのに効果的ですが
普通のビタミンCだと分子が不安定なので、なかなか肌の奥まで浸透できないので
せっかく使ってもニキビは治らないかもしれません。

 

もしニキビケア用にビタミンCを選ぶなら、浸透性が高いものかビタミンCの働きを安定
させる分子を加えたビタミンC誘導体という成分が入っているのを選ぶと効果的です。

 

また「ニキビがあるから」と日焼け止めを塗るといった紫外線対策もニキビが治らない原因になります。
ニキビに紫外線があたると、肌内部で炎症が進行してしまい今よりもニキビが悪化したり
増えてしまうので、ニキビが出来ていても日焼け止めだけはつけて紫外線対策しましょう。

ニキビ跡消すために

ニキビ跡は潰したり、触ったりすることで出来てしまいます。ニキビができたら、適切なケアでニキビが炎症を起こさないようにしましょう。ニキビができるとニキビを早く治そうとして何度も洗顔する人がいます。

 

でも、このニキビ跡の治し方を更に悪化させてしまいます。ニキビができても、洗顔は一日に2回だけにしましょう。洗顔をし過ぎることで、肌に必要な皮脂もとってしまうことになり、肌が過剰に皮脂を分泌してニキビになってしまうからです。

 

洗顔する時にも、肌をごしごしこすらないようにし、肌のダメージを最小限に抑えるようにしましょう。では、できてしまったニキビ跡消すためにはどうしたらいいでしょうか?ニキビ跡消すために、美白成分が配合された化粧品を使うことができます。モニターの満足度92.9%の「リプロスキン」はおすすめの化粧品です。「リプロスキン」は、ニキビ後の赤くなった肌やブツブツになった肌などに効果があります。「リプロスキン」に配合されている「ダーマホワイト」は、美白の効果があり、さらに8種類の美容成分が配合されていて、ニキビ跡がある肌にやさしく効果的にはたらきかけます。

洗顔でもよくならないニキビ−アレルギー体質の場合

アレルギー体質が原因で顔にニキビができてしまうことがあります。アレルギー体質が原因のニキビの場合は洗顔でもなかなかよくならないでしょう。洗顔でもよくならないアレルギー体質のニキビの場合、生活面を見直すことが必要です。代謝が悪かったり低体温だとニキビがひどくなってしまうことがあるからです。洗顔でもよくならないニキビや皮膚科に行ってもよくならないニキビなら、アレルギーなのかもしれません。

 

アレルギー科で一度見てもらうことができるでしょう。また、日頃のケアも大切です。肌の代謝を高めたり、皮膚の再生に有効な成分を取ることでニキビをケアしていきましょう。ビタミンCを定期的に摂取するようにしましょう。食べ物やサプリでビタミンCを補給することに加えて、肌からも吸収させることでニキビを改善していくことができます。「ビーグレン」のCセラムはビタミンCを肌の奥の必要な部分まで届けることができます。ニキビ以外にもいちご鼻を改善したい人にもリピーターの多い人気の化粧品となっています。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ